キャッシング業界を生き抜くドン・キホーテたちを特集!

キャッシングの主な特徴について

キャッシングについて正しい知識を持とう

ドン・キホーテが立ち向かった風車たちキャッシングとは利用額が比較的小規模である代わり、使いみちも原則として問われないという特徴を持つ金融商品の一種です。取り扱っているのは消費者金融会社が中心ですが、クレジット会社や銀行などがそれぞれクレジットカード会員や預金者に対する付帯サービスの1つとして提供しているケースがあります。

単なる借金ではなくなったキャッシング

キャッシングはキャッシュすなわち現金という言葉から派生していることからも分かるとおり、かつては取扱会社の窓口で直接現金で用立ててもらい、返済も現金で一括というのが標準的な利用法でした。しかし現在では安全性や利便性等の観点からじかに現金をやり取りする機会は減少しており、金融機関口座への振込による借り入れがメインとなっています。また、返済も分割返済が可能というケースが増えています。そのため利用限度額も高額化しており、消費者金融会社なら最高で300~500万円、銀行なら1,000万円程度まで利用できるところも少なくありません。

利便性が向上、ATMで手軽に

なお、振込だけでなく専用のカードを使ってATMやCDから借り入れができる即日融資が可能なカードローンもあります。クレジット会社や銀行の場合であれば、クレジットカードやキャッシュカードを使って買い物限度額や預金残高とは別枠で現金が引き出せる場合もあります。

申し込みはインターネット経由が主流

利用の申し込みは最近ではインターネット経由が主流になっています。ホームページに設けられた専用フォームに必要な情報を入力し、送信するだけで24時間いつでも手続きができます。審査には本人確認書類や収入証明書類などの文書が必要になりますが、それもメールに添付したりサイトからアップロードしたりすることで提出できるようになっています。もちろん従来どおり直接窓口を訪れて申し込むことも可能です。
当サイトでは旧態依然のキャッシングの迷妄を打破すべく、ドンキホーテの如く猪突猛進に情報を発信していくつもりです。ご期待ください。

最新カードローン記事