銀行系カードローンのメリット

銀行カードローンが人気の理由

ドン・キホーテが立ち向かった風車群カードローンには銀行、信販、消費者金融系とありますが、その中でも人気となっているが銀行系のカードローンです。
人気の一番の理由は、信販、消費者金融系と比べ金利が低いというところにあります。

消費者金融よりも数%安い低金利が魅力

もっとも金利の高い消費者金融系は上限金利を18%としている業者がほとんどですが、銀行系の場合は平均で上限金利14%ほどで、下限金利に関しては2%台というところまであります。
金利が低いことにより、長期にわたっての返済でも金利により返済に苦しむといったこともなくなりますので、こうした金利の低さは利用するにあたり大きなメリットとなります。

信頼性や信用度が高い安心のカードローン

そして、出資しているのが銀行なので安心して利用出来るというのも銀行系ならではのメリットといえます。
サービスやバックアップの方も信販、消費者金融系よりも充実していますし、利用出来るATMの数も多く、いつでもどこでもサービスを利用することが出来ます。

借入可能な金額も大きく、総量規制の対象でもありません

また、借入限度額も信販、消費者金融系よりも多く、最大で千万円まで借りられるところもあります。
消費者金融系の場合ですと、多くても500万円が上限ですので、大きなお金を必要とする場合には銀行系の方が有利となります。
そして、消費者金融系の場合は総量規制により、年収の3分の1までしか借入出来ませんが、銀行系は総量規制の対象外のため、審査にさえ通過すれば年収以上の借入を行うことも可能となります。
このように銀行系には利用にあたり、信販、消費者金融系と比べてメリットとなる部分が多くあり、それが人気の理由となっています。
これからカードローンを利用しようと考えている方は、こうした銀行系のメリットも踏まえ、自分に合った業者のサービスを利用してみることをおすすめします。