専業主婦でも利用できるのが銀行カードローン

カードローンは手軽で便利な現金調達手段です

カードローンは性別や社会的身分に関係なく利用できる便利なローン商品です。一定の要件を満たせば外国籍の人でも主婦やパートでも利用可能です。

収入のない専業主婦はちょっと特殊な立ち位置です

ただ、すべての人にとって例外なく利用可能なものかといえばそうではありません。たとえば専業主婦の人は原則として借り入れができません。というのもカードローンはローンでありながら担保や保証人を必要としないため、借入金をきちんと返済できるかどうかはもっぱら本人の経済力にかかっているからです。つまり安定的な収入がなければローンの申し込みをしても審査をパスしないということになります。

賃貸業法の総量規制が足枷となります

このことは国の法律においても明確化されています。貸金業法という法律によれば、事業者は利用者の年収等の3分の1を超える額を貸し付けてはならないと定めています。これを総量規制といいます。ということは結局、年収がゼロ円であれば利用可能額もゼロ円ということになります。

総量規制対象外のカードローンもある!配偶者貸付を利用しよう

借入の条件は安定した収入があるかないか

逆に言えば、たとえ専業主婦であっても毎月パート勤めをしていたりしてある程度の収入がある人であれば、借り入れはできるということになります。実際、たいていの消費者金融会社の利用条件では、安定的・継続的な収入でさえあればそれがパートやアルバイトによるものであっても構わないとしています。ただし言うまでもないことですが、利用限度額は総量規制の範囲内でその人のパート収入に見合った額となります。

銀行カードローンであれば夫の信用力で借入可能

では年収ゼロの専業主婦に利用できるチャンスはまったくないのかというと、そうでもありません。実はカードローンは消費者金融会社だけでなく銀行の中にも取り扱っているところがあるのですが、銀行には上記の総量規制が適用されません。そのため収入がない人であっても利用できるチャンスがあります。ただし銀行によっては、返済能力を担保するために預金残高や配偶者の収入などに一定の条件を設けているところがあります。